手を出すとかじられちゃう?反射的な?ゆっくりとなら…


顔の前に手を出すと…

うちにきたばかりの頃はうさぎさんのこともよく知らなかったですし、どういう動きをするのかもわからなかったので、うさぎさんの顔の前に手を出すとかじられるんじゃないかってちょっとビビっていました。でも今はなんとなくわかってきました。 

ゆっくり動かせばかじられません。早い動きでうさぎさんの前に指を出すとかじられてしまう危険が。おそらく速い動きに反応、反射的なものなんじゃないかなって。あとは敵が襲ってきたので攻撃しているような感じではないかなと。

気をつけているので最近は大丈夫、よかったです。今うさぎさんにやられちゃうのは後ろ足のキック&爪による攻撃ですね。抱っこしたり捕まえようとした時は気をつけないといけませんね。前足は問題ないんです、ちっちゃくて可愛いだけなので。


キューブ


(アルファルファのキューブ大好き) 


うちに来たばかりのころ何度かかじられました。その多くがごはん(ペレット)を器に入れてうさぎさんにあげようとした時なんです。ものすごい勢いで飛んできて私の指をガブッと。それが何回かありました。これはうさぎさんの早とちりなんですね。

すごいんです勢いが半端ないんです。うさぎさんもかじったと同時に分かったんでしょうね「これはなんか違うな、かじっちゃまずいんだな」って。ほんの一瞬なんです、キズもたいしたことないんですけどね。かじるチカラは結構あるのでちょっと痛いですけど問題なく治っているので、まあしょうがないということで。

乾燥した牧草とかけっこう硬いのに平気で食べちゃうわけですからね。前歯のきざむチカラ、噛むチカラはすごいものがありますね。私の指をかじっちゃった時は「ダメダメダメ…」と、目を見て何度か言って終了。決して手は出しません逆効果な気がするので。 

そんなこんなで、ごはんをあげるときはすぐに床に置くのではなく、ゆっくりとうさぎさんの様子を見ながら置くようにしています。



日本アニメのあの名作を思い出し
うさぎさんにかじられた時「風の谷のナウシカ」を思い出しちゃいまして。映画の序盤で小動物を肩に乗せていたとき、初対面だったので小動物はとっても怖がっていてナウシカの指を「ガブッ」とかじるんですよね。でもナウシカは「大丈夫、怖くないよ…」みたいなことを言って…それ以来仲良しに。

まさにその時のナウシカの気持ちが分かったような、かさなったような何とも言えない気持ちが。ごめんなさい、彼女とはレベルが違いすぎました。復活しましたもんね彼女。動物と自然の神秘のパワー?で。私とは比べ物になりませんね。 


ちょっかいを出したりしつこくしたり

ちょっかいを出すのはいけませんね。うちに来たばかりのころ娘がふざけてうさぎさんの顔の前で、手を振るような仕草をしたことがあるんですけど何度もかじられそうになってました。私もふざけてちょっかいを出したりすることはあります。でもほんの一瞬、ストレスにならない程度。ちょっかいというよりもふれあい、じゃれあいかなって。

やり過ぎはいけませんね痛い目を見ることになります。人間もそうですけど人の嫌がることはいけませんね。うさぎさんの嫌がることもやめましょう。





バラ 赤 バンダナ (2)
体重測定! ばら&バンダナ&葉っぱ

コメント

非公開コメント