うんちはまんまるコロコロ!もうちょうふん!しょくふん!体の状態を… 


うさぎさんにとってかなり大事な…
うさぎさんと一緒に暮らしていく上でとっても気になっていること。それはうんち。だって、私と全然違うじゃないですか、形状も、回数も、しかたも。


うんち2 (2)
(一粒だけ…マーカーをそえて)


私もそうですが、肉食動物などのうんちというのはまんまるコロコロではないですよね。しかも結構クサイ。うさぎさんはまんまるコロコロ。しばらくするとカチカチに固まって、したときはちょこっとニオイますけど固まったうんちはほとんどにおわず、足で踏んじゃうなんていうこともしょっちゅうです。

うんちのしかたにもびっくり。基本的にはトイレでまとめてしてくれていますけど、他のところでもちょこちょこします。いつでもどこでも、みたいな感じですね。うんちをするというよりも、落とすような感じですね。

腸の中でコロコロ転がってまん丸になるのでしょうか?(関係ないんですけどフンコロガシさんも丸くしてますよね)すごい機能ですよね、人間の私には想像もつきません、まんまるになるなんて。 そのようなことも日々考えながら一緒に暮らしている次第でございます。


(トイレでうんち or おしっこ)


うんちは健康状態を確認するのにとっても重要
いつも見てます。小さくなったり量が少なくなったりすると、どこか異常があるんじゃないか、調子が悪いんじゃないかなって。変化があった時は原因を調べ様子を見て、うんちの大きさ量がいつも通りに戻っていれば問題なし、ということで。

換毛期はたくさんのお毛々を飲み込んじゃっていますので、お毛々でつながっちゃってるなんていうこともあります。今まではしばらくするといつものうんちの状態に戻っていたので大丈夫でした。しかしこの先何があるかわかりませんからね。常に健康状態のチェックを、そして何かあったら獣医さんへ。


うんち1 (2)
(通常のまんまるコロコロ…マーカーと共に)


まんまるコロコロ&もうちょうふん!
通常のうんちはまんまるコロコロのちょっとかわいい?うんちなんですけど、もう一種類うんちがあります。「もうちょうふん」と言うそうですね。

もうちょうふんはいわゆる「しょくふん」食べちゃうわけですね。この話を聞いた時ちょっとびっくり「そういうことをしないと生きていけないんだね大変なんだね、私とは全然違うんだね」って思ったりして。

本で見た感じですと、しょくふんをすることによって栄養の再吸収、再取り込みをしているらしいです、すごい機能ですね。詳しいことはわかりませんけど、おそらく腸の中のたくさんの細菌とかが頑張って働いて、そして発酵などがおきて、出てきたものを再吸収、生命の維持に不可欠。人間の私には、ちょっと考えられないと言うか理解できないというか。すごい構造、機能ですね。

しょくふんする時は体をひねってお口を直接持っていって食べてるみたいです。だから食べているところを直接見たことは一度もありません。「毛づくろいでもしてるのかな?」くらいにしか見えないので。なのでもうちょうふんはきほん見ることはないですね。

ただ今までに何回か見たことがあります。食べ残しちゃったのか、それとも調子が悪かったのか分かりませんが床に落ちていることがありました。とっても柔らかく、ぶどうのような房になっていて1つ1つの丸い粒は小さかったですね。  

まえに調子が悪いとき、もうちょうふんがお尻についちゃっていたことがありました。その時はちょっと大変でしたね。1回だけじゃなく何回もお尻についちゃっていたので、そのたびに濡れたティッシュで拭いてあげて周りのお毛々をハサミで切ったりしてやっていました。 

おさえながらハサミで切るというのはなかなか難しくて、それがあってからすぐにバリカンを購入しました。そのおかげでかなり楽にできるようになりましたね。うんちを毎日チェックすることでうさぎさんの状態がある程度わかります。朝起きてトイレにたくさんのまんまるコロコロがあると私は笑顔になります。



(しょくふん!栄養の再吸収で生命の維持に…)



動くとぽろぽろ落ちてきて…
ほとんどはトイレでしてくれるんですけど、ちょっと興奮したりするとポロポロとこぼれ落ちるように…ゆっくりと休んでいる時もぽろぽろと。朝ケージから出たときも嬉しいのかどうか、私の足元をくるくるまわりながらまんまるコロコロがぽろぽろと。

うさぎさんってそのような生命、生物、動物なんですね。一緒に暮らして3年くらいになりますけど、いまだにわからないことはたくさん。「うさぎのみぞ知る」ですね。 



(朝の体重測定!足元くるくる!うんちぽろぽろ)



なでなで!お花と一緒に


なでなで みどり お花 (2)
なでなで!お花と一緒に…腕はアームカバーで

コメント

非公開コメント