病気やケガは…毛球症・うっ滞・骨折・不正咬合…など

お腹の中にお毛々が…毛球症に…うっ滞も…
いくつか本を読んでいて、一番気になったのが、毛球症と、うっ滞。

  • 毛球症は、飲み込んだ体毛が、胃や腸などに溜まって(つまって)しまい、消化器官の動きが悪くなる。
  • うっ滞も同じように、異物を食べてしまったり、ストレスなどが原因で、消化器官の動きが悪くなる。

専門家ではないので詳しいことはわからないですが…どちらも消化器に関することですよね。
草食動物のうさぎさんにとって、消化器官はすごく大事(ほかの部位も大事なんですけど、特に)

うさぎさんは、いつも自分の舌でペロペロと毛づくろいをしていてとってもきれい好き。だから常にお毛々がおくちの中に入っちゃっている。体の構造的にも、吐き出すということができないみたいですね。飲み込んだものはうんちとして出すしかない。出すためには腸の動きを活発にしなきゃいけない。

人間もそうですよね、お通じが悪い時は腸の働きがあまりよろしくない。腸の動きを良くするためには、やはり繊維質のものをたくさん食べないといけませんよね。プラス運動で。

やっぱり牧草ですかね。ペレットやおやつにも、毛球症を予防するためのいろいろな添加物が入っているものもたくさんあります。しかし、自然のものにはかなわない、ということでしょうか。さらに牧草は、ある程度のかたさがありますからね、たくさんかじらないといけませんので、歯の伸び過ぎ防止にもいいかなって。牧草メインの食生活…ということで。

換毛期は抜け毛がすごいので、ブラッシングをしてお毛々を前もって取ってあげる。私が手伝ってあげられることはこれぐらいしか…抜け毛をブラシで取ってあげて、お口の中に入るのをなるべく少なくしてあげる。おなかの中に入るお毛々が少なくなれば、当然、毛球症になる確率は減りますものね。

さらに、プレッシングには、うさぎさんとのコミュニケーション…という目的もあります。換毛期以外でも、たまにやることによってうさぎさんとの親睦が深まっていいんじゃないかなって。 

他のページでも書いていますが、換毛期はすごいです、お毛々の量が…抜ける、抜ける。換毛期がくるとすぐわかります、床に落ちてるお毛々が目立つようになるので…普段はそれほど気になりませんが、換毛期はその量が違いますからね。

私がちょっと近くを歩いただけでも、ふわっと動くんですね、こまかくてとっても軽いですから。そのような時はちょこちょこ掃除機を…ちょこちょこブラッシングを… 



お手々でくしゅくしゅ…お手入れを

毛球症
  • ①スリッカーブラシで全体を 
  • ②小型の扇風機のうしろを吸い込みにして…ダメですね小型は…吸い込みが弱すぎて…
  • ③今使ってるスリッカーブラシ…ワンプッシュでお毛々が取りやすく 
  • ④はじめからずっと使ってるクシ・100均で…今も現役
  • ⑤1回のブラシでとれたお毛々…換毛期はけっこう抜けます


骨折に気をつけて…足の周りをくるくると…ついてきたりして… 
朝、ケージから出てきたとき、私の足の周りをくるくるとまわるときもあれば、しないときも…8の字を描くこともあり…そして私が移動するとついてきたりすることも。

そんな時、うさぎさんをふんじゃいそうになることが…今まで何度もありました。かなり気をつけるようにはしています、歩く時は。たとえ下を向かなくても、足を動かすとき初動はゆっくり…あげた足を地面につく時もゆっくりと…(ゆっくりというか、気をつける感じで)そうしないと、うさぎさんて、ほぼ音もなく近寄ってきて真下にいる…なんていうことは、しょっちゅうあるので。

うちに来た頃はものすごい気を使いました。筋肉痛になるぐらい。(すいません、筋肉痛はオーバーですね)3年近く一緒に住んでいるので少しは慣れたつもりですが… 

うさぎさんの骨は軽くできている…ということらしいので、ふんじゃったり、蹴飛ばしちゃったりしないよう、今も気をつけながら一緒に暮らしている次第でございます。でも、ついてきてくれるって、なんかちょっとうれしい。うさぎさんいつもありがとう。



(くるくるまわる…歩くとき、動く時は気をつけて…) 


抱っこの時が一番危ないかも… 
うちのうさぎさんは、抱っこが大嫌い、捕まるのもイヤ。小型の草食動物だからなのでしょうか…捕まる=食べられちゃう、みたいな…本能なんでしょうか。しっかりつかまえていれば、うさぎさんもあきらめた感じでおとなしくするんですけど…しっかりとつかまえていないと暴れますね。

抱っこする時も、高い位置で抱っこはしません。必ず座った状態で、低い位置でしか抱っこしないようにしてます。うちに来た頃は、それもよくわかっていなかったので、立ったまま抱っこしたりしてましたが、今では反省を…ごめんなさい。うさぎさんが暴れて落ちちゃった時に、高い位置だと骨折する危険がありますからね。

低い位置であれば、たとえ落ちたとしても、まず骨折することはないかなって…床にクッションマットなどを敷いてあればさらに…つかまるのがイヤですから、爪切りなどをする時はもう大騒ぎ。しっかりつかまないと、うさぎさんはものすごく暴れますし、逃げます、もうたいへん。

うさぎさんをおさえる時も、骨が軽いということもありますし、小さい生き物ということもありますので、手加減をして…強すぎちゃうとよくないですよね。

私は、皮を持つことがよくあります。皮っていうとなんか変ですが…ごめんなさい言葉を知らなくて…例えば、母猫が仔猫の首の上あたりをおくちでつかんでいる…あれもいわゆる皮ですよね。うさぎさんも同じような感じで皮があるので、そこをちょっとつかんで…首ではなく背中のあたりとか、横っ腹などのいわゆる皮を…そうすると安定するんですよね。

いずれにしても、骨が軽くできているので、骨折には気をつけながら…ということで。


不正咬合は …生涯に渡って…摩耗しないと… 
うさぎさんの歯は一生伸び続ける。だから、繊維質の多いもの、硬いものなどを食べて摩耗しないと、あまりよろしくないことになっちゃうそうですね。

うさぎさんと、一緒に暮らすまでは不正咬合なんて、あまり縁のない言葉でした。インターネットでちょっと検索してみると、いろんな写真が出てきます。中にはあまり見たくないような画像も…おうちの中でとりあえず歯を摩耗してくれるようなものといえば、やっぱり牧草。牧草中心の生活を…ということですね。ペレットやおやつなどはあくまでもサブ、栄養補助として…ということでしょうか。

うちのうさぎさんは、今のところ特に問題はありません。たまにあおむけにして足の裏などをチェックするんですけど…その時におくちもちょっと見させてもらってます、噛み合わせがちゃんとできているかどうか…


簡単ではありますが、気になったものをちょっとだけ書いてみました。病気に関しては、本などを見ると他にもたくさんありますね。

 
牧草まみれ
(うちにきた頃…牧草まみれになちゃって…牧草メインの食生活を)


動物病院を見つけておく 
獣医さんは、あらかじめ見つけておいたほうが…何があるか分かりませんからね、人間とは違いますからね、わからないことはたくさんありますから。万が一の時のために近くの獣医さんをさがしておかないといけませんね。

うちのうさぎさんは、今のところ元気です。まだ、獣医さんにはお世話になっていません、しかし、この先どうなるかわかりませんからね。 


★抱っこの時は後ろ足に…キズだらけに… 
うさぎさんのケガじゃなくて、私の…抱っこの時なんですけど、気をつけないとうさぎさんの後ろ足のキック力がハンパないのでやられちゃうんですね。爪も鋭いですからね。爪切りをしていても、もともと細いですから…爪切りしても、するどいものはするどい。

うちに来た頃は、腕がキズだらけ…なんていうことはしょっちゅう。だいたいは後ろ足で。今でも、やられる時はあります、気をつけているんですけどね。忘れた頃に…って感じで。たいしたキズじゃないからまったく問題ないんですけどね…ただ、「やられちゃった~」って感じですね。うさぎさんは悪くないんです。わたしの不注意なんですね。

後ろ足に対して、前足はすごくちっちゃい…だから前足はとってもかわいく見えちゃうんです。前足大好き。

 
キズ (3)
最近やられちゃいました・たいしたことないんですけどね…すぐ治っちゃうんですけどね…後ろ足のパワー&するどい爪で…

こまつな
小松菜を食べている真っ最中 

コメント

非公開コメント