要約 その3 (複数の短い言葉、語句から)

その3ブログ済み (1)
ワンちゃん用の 薄手タイプ 繁殖期 ルーズソックス
- 梅雨の時期に入り、日本の夏が近づいている。
- エアコンを使ってうさぎの暑さ対策をしている。
- ワンちゃん用の薄手タイプのトイレシーツを試し購入し、問題なく使用できた。
- レギュラーサイズ薄手タイプのペットシーツを使うことに決めた。
- うさぎの繁殖期に足を追いかけられる問題があり、靴下を利用して対策を試みた。
- 靴下をふくらはぎまで履くことで、うさぎが追いかけることが減った。
- 抱っこしている際にうさぎの性器が見えてしまったが、うちには女の子がいないため申し訳ないと思った。

関連記事



その3ブログ済み (2)
うさんぽ ハーネスとリード 警戒 賛否
- うさんぽ(うさぎの散歩)に行きたくて何度も行ったが、賛否があった。
- 行くためにはハーネスとリードが必要で、近くの公園で散歩を始めた。
- 最初はハーネスが外れないか心配だったが、慣れてきた。
- 散歩中はうさぎが警戒し、動きを見て草木のニオイを嗅いだり休んだりした。
- 小型の草食動物であるうさぎは常に襲われる危険があるため、注意が必要だった。
- 近くの公園以外にも行ったが、うさぎにとっては迷惑だったかもしれない。
- 夕方は他の犬の散歩やカラスに気を使いながら散歩した。
- 散歩はうさぎの気晴らしになると思っていたが、ストレスになっているかもしれないと考え、今は行っていない。
- うさぎにはベランダが唯一の外で遊ぶ場所として提供している。

関連記事



その3ブログ済み (3)
秋の大換毛期 ブラッシング 後ろ足のキック 
- 秋の大換毛期まつりでブラッシング大会が行われた。
- 換毛期にはブラッシングが必要で、抜け毛がまだまだ続いている。
- ブラッシングの際、おなか周りや下の部分を忘れがちで、上手にできない。
- うさぎを抱っこする際は注意が必要で、暴れるため座った状態で行う。
- 暴れるうさぎのキックで腕が傷つくこともあるため要注意。
- 暖かい日にブラッシングができて良かった。
- 第1回ブラッシング大会ではたくさんの抜け毛が出た。
- 換毛期は部屋中にお毛々が散らかるので、ベランダでブラッシングする。
- 換毛期は春と秋の2回あり、やらないと大変。
- 次回のブラッシング大会も考えないといけないかもしれない。

関連記事



その3ブログ済み (4)
太陽の光 歩くこと 夏はつらい うんちをばらまく 
- 太陽の力と歩くことは必要だと思われる。
- 太陽の光はビタミンDの形成や骨の強化に必要。
- 歩くことは骨を強くし、脳や細胞を活性化させる。
- 室内で暮らすうさぎにも太陽の光を浴びせるようにしている。
- ベランダに猫ドアを設置し、うさぎが外に出られるようにしている。
- 夏の暑さでうさぎはダルそうにしているが、体重には変化なし。
- 夏は牧草の摂取量が減るが、他の食べ物は通常通り食べている。
- 夏は辛抱で涼しくなるのを待つ。
- 開放フリータイムでうさぎがトイレから出た後にうんちをばらまくことがある。
- うさぎがトイレから出る瞬間に勢いを利用してうんちを出している可能性あり。
- うさぎにとってまん丸コロコロのうんちが多いのは良いことかもしれない。

関連記事



その3ブログ済み (5)
毛球症 お毛々が体内に ブラッシング
- うさぎさんはお手入れをしている間にお毛々が体内に入ってしまう。
- 換毛期には特に注意が必要で、お毛々がおなかに溜まりすぎると毛球症になる可能性がある。
- 毛が排出されないと腸の動きやうんちの出が悪くなることがある。
- 毛球症はヘアボールとも呼ばれる。
- ブラッシングによって抜け毛を取り除くことで体内に入るお毛々の量を減らすことができる。
- 抜け毛が多い換毛期には特に注意が必要で、毛球症やうんちのトラブルにつながる可能性がある。

関連記事










usagi2020

うさぎさんのクロ
(ライオンヘッドラビット系です)
・2017年7月誕生
・男の子