鳴きます!プープー!めちゃ小さいけど! 2/13


そうなんですね、めちゃめちゃ小さいのでテレビとか何か他の音がしていると聞こえないんじゃないかなと思います。静かにしている時に聞こえます「プープー」って。初めの頃その鳴き声を聞けた時はめちゃめちゃ嬉しくて涙が出そうになりました。「うさぎさんって鳴くんだ~へ~すごい~やった~」って。

鳴くのは何かせがんでいる、要求しているような時が多いかなって。例えば「おやつちょうだ~い」とか「今ね~僕ね~繁殖期なの~」とか。私の足を女の子だと思って迫ってくることがあるんですけど「ごめんね~私の足は女の子じゃないんだよ~」とかいいながら優しく受け流しております。

少し前にどうしても鳴き声を録音したくて頑張ったことがあります。朝の体重測定が終わったあと私の足元をくるくる回る時があるんですけど、その時によく「プープー」と鳴いていたのを思い出し、その時に録音しようかなって。録音の機械を棒の先に取り付けてうさぎさんの近くへ持っていき、私はずっと立ったまま。うさぎさんは「プープー」と鳴きながら私の周りをくるくると。

録音はできたんですけどね、やっぱりかなり小さいので音量のレベルを上げないといけませんでした。音量のレベルを上げると周りのちょっとした音、雑音もひろってしまうのでなかなか難しかったですね。エアコンとかサーキュレーター、換気扇などいわゆる生活音、拾ってしまいそうな音を全て切ってやらなければいけなかったので面倒でした。でもやってみたかったんですね、うさぎさんの鳴き声を録音してみたかったんです。

その頃、鳴き声だけではなく咀嚼音というのも録音したりしました。おやつを食べている音、野菜を食べている音などを何度か録音しちゃいました。咀嚼音、食べている音で「いいなあ~」と思ったのはキャベツとか小松菜を食べている音。「シャキシャキ」って感じでいい音してました。

食べている所を見ていると「前歯で刻んで奥歯ですりつぶす」そんな感じに見えます。どちらにしても食べているところを見るのは好き。何年も一緒に暮らしていますけど未だに飽きませんね。だってものすごく美味しそうに食べますものね、こちらが感謝したいぐらいです「ありがとう」って。

コメント

非公開コメント