キメの細かさはダントツ? 2/9


お毛々がふわふわもふもふなんです。ライオンヘッドラビット系なのでちょっと長いんですよねお毛々が、いわゆるネザーランドドワーフさんたちと比べると。だから余計にそのふわふわを実感できるのかなって思います。放っておくと首の周りとかお尻の横あたりがどんどん伸びてくるんですね。そのままでもいいんですけど、私の独断でカットしちゃっています。「ごめんなさいねうさぎさん、私好みにさせてね!」

きめの細かさが一番わかるのは「なでなで」している時ですね。とにかく「ふわふわ&もふもふ」という言葉がぴったり合うんじゃないかなと。まさに毛皮ですよね。これだけふわふわであればかなり暖かいと思います。冬のめちゃ寒い日でも平気でベランダで休んでいたりすることがありますからね。

でも「夏はきついんじゃないかなあ~」と思います、このきめ細かいお毛々では。だって夏に毛皮を着ているようなもんですものね。ちょっと耐えられないんじゃないかなと。確かに夏でなくても30℃近くになるとうさぎさんの動きがパタっと止まってしまいほとんど動かないような時があります。お鼻のヒクヒクもかなり激しく動いていることもありますね。そのようなお姿を見ると「あなた暑いのはダメなんだね~」って。

なでなでに関しては普段は全く問題ないんです。「私のニオイをたっぷりとつけてあげるからね~!いわゆる人間臭を~!」って感じでやっています。しかし換毛期はダメですね。特に春と秋の大換毛期の時はちょっとナデただけでもお毛々が抜けます。めちゃめちゃきめ細かいですからよく見ないと分からない時もあるんですね。なので大換毛期の時はブラッシングした直後はイッパイしますけど、それ以外はほんのちょこっと「いい子いい子」するぐらいにしています。だってすごいんですもの。

掃除機は基本毎日かけるようにしています。たとえ見た目「大丈夫だなぁ~」と思っても掃除機だけはなるべくするようにしています。よく見ないと分からないようなお毛々が落ちていることがあるので。あと「掃除機をかけた!」と言うだけでとっても安心するんですよね。栄養ドリンクみたいなもんで「栄養ドリンクを飲んだ」と言うだけで元気になっちゃうみたいな…気持ち的なものもあるんじゃないかなって思います。 

こちらのページも
お毛々きめ細かい

Comments 0