かわいそうなんて思っちゃってごめんなさいね! 1/19


うちにうさぎさんをお迎えする前の話なんですけど、うさぎさんと一緒に暮らそうかどうか考えていた頃、何ヶ所かのペットショップさんへ通わせて頂きました。あるペットショップへ行った時なんですけどね。ホームセンターの中にあるそれほど大きくないペットショップさん。

わんちゃんとねこちゃんは何匹かいました。人気がありますから人もたくさん集まっていましたね。休みの日でしたので家族連れの人もたくさんいたと思います。その賑わいを横目に私は小動物コーナーへ行きました。鳥さんとかハムスターさんなどがいましたね。うさぎさんはいないのかなと思ってしばらく見ていると、いましたねネザーランドドワーフ系のうさぎさんが。

一羽だけでした。たまたま私が行った時、その小動物コーナーには私一人しかお客さんがいなかったということもあって、ちょっと寂しくなっちゃったんですね。ワンちゃんやネコちゃんのコーナーは多くの人が集まっているのに、こちらの小動物コーナーは私一人。うさぎさんも一羽。なんか可哀想になっちゃったんですよね、その時。

なんで?と言われてもよくわからないんですけど、ただ単にかわいそうになっちゃったということなんですね。でも家に帰ってよく考えてみたら「これは大きなお世話なんじゃないかな」って考え直しました。だってうさぎさんはうさぎさんでありワンちゃんでもなければ猫ちゃんでもありませんものね。しかも鳥さんとも違いますしハムスターさん達とも違う生命、命ですものね。

うさぎさんはどこまでいってもうさぎさん。このように考えられるようになったというのも、ある程度の本を読んだりインターネットで調べたりして、私なりにある程度うさぎさんのことを知ったから…ということもあるのではなかなって。うさぎさんがどういう生命、命なのかというのを知った上で一緒に住みたかったというのもありますね。今はこう思っています。「あなたにとっていい人って必ずいるからね」って。

コメント

非公開コメント