ある程度の情報を得る!本やネットで! 1/13


うさぎさんと一緒に暮らす前も、一緒に暮らしてからも、ある程度の情報は本やネットなどで収集しておいた方がいいんじゃないかと思いました。本に関してはいわゆる雑誌、ブックオフなどで中古のものを10冊くらい。単行本に関しては5冊くらい購入しました。

ある程度のことは知っておきたいなと思ってたくさん読んじゃいました。中古なので最新のものではありませんが、5年前10年前のものであっても色々な情報が得られたんじゃないかなと思っています。確かにケージやペレット、おやつ、トイレなどの商品に関しては10年前、20年前よりも最近の商品の方がより快適に、より良いものになってきていると思います。

でも基本的な部分、うさぎさんとの暮らし方や病気、魅力、習性などはそれほど変わっていないような気がします。最新の情報はネットから収集するようにしていますのでそれでいいかなって思っています。なかには漫画もありました。やなもとあいささんが書いた漫画なんですけど「うさぎの飼育観察レポート」というまんがで、実体験なのかな?詳しいことはわかんないんですけど、とっても良かったです。

その漫画を読んでいる時、隣に娘がいたんですね。漫画なのでけっこう早いペースで読んでいたら、最後の方でなんか雰囲気的にうさぎさんの寿命が近くなってきたのが分かるんです。私的に涙腺が弱いものですから「やばいなあ~」と思っていたら案の定。寿命がきてしまうんですね。その瞬間、わたし号泣。声を出しながら号泣。隣にいた娘が「えっ!?」って感じでビックリ。

それ以来この漫画は私の素敵な本、出会った本として保管させていただいております。やなもとあいささんどうもありがとうございました。漫画から情報を得るという方法でも構いませんよね、とにかくうさぎさんのことをある程度知っておくというのは、一緒に暮らしていく上で非常に大切なことなんじゃないかなと思っております。だって人間じゃないですからね、うさぎさんはどこまでいってもうさぎさん。

情報ネット

Comments 0